自分へのご褒美は風俗

無職になってからまずソープ

長年働いていた会社を辞めました。これからは自営業で勝負しようって思っているんです。でも、その前にせっかくだからと気分転換に風俗でもって思ったんです。勤め人だった時には風俗なんてなかなか遊べるものではありませんでした。それだけ時間に追われていたからこそなんです。だからとりあえず、無職というか仕事を辞めたしとりあえず時間があるうちに風俗でも楽しんでおこうかなって思ったんですよね。それでソープに行ってきたんです。風俗の中でもソープには思い入れがあるんですよ。前は結構な頻度でお世話になっていたんですけど、忙しくなってからはなかなか足を運ぶ機会が無くなってしまっていたんですよね。それで良い機会だなってことでソープのお世話になってきたんですけど、いつ足を運んでもやっぱりソープは最高だなって思いましたね。ソープにもいろいろな子がいますけど、どの女の子もお客のことをこれでもかってくらいに考えてくれていますよね。

気持ちが盛り上がったのは日焼け跡

別に夏だったとかじゃないんですけど、この前指名した風俗嬢は水着跡があったんです。焼けていて、まるで夏を思わせるような体の色をしていたんです。それだけでも燃えましたね。白と黒とでここまでコントラストに差が出るものなんだなってことにも気付かされました。でもその後が、想像以上に自分の気持ちを盛り上げてくれたんですよね。それで自分としても、これはもう楽しむしかないだろう見たいな気持ちになってしまって、想像以上に盛り上がりました。だから自分でも本当に驚いているんです。日焼け跡以外は、今時の風俗嬢としては標準的な綺麗さを持つ風俗嬢かなって思っていたんですけど、あの日焼跡だけでここまでそそられるとは思っていませんでした。まさか自分にそんなフェチがあるとも思っていませんでしたしね(笑)初めてのことだったので、それで驚いてしまったって話なのかもしれないんですけど、あれだけでも男の気持ちは違うものなんですね。