自分へのご褒美は風俗

自分の余裕のある時にと心掛けています

毎日でも風俗で遊びたいくらいではありますけど、そこはやっぱり節度を弁えなければなりません。だから自分でも思っているのは、余裕のある時に楽しもうってことです。余裕のない時に無理して風俗に駆け込んで遊ぶよりも、余裕の圧時に風俗嬢と向き合った方がやっぱり気持ちは違いますよね。どうすれば良いのかが分かるのはもちろんですけど、余裕がある方が自分の気持ちもまた、全然違うんですよ。余裕がない時って、結局追い込まれていたり追われていたりなので風俗嬢と向き合っているのに、それらが頭をちらつくようでは勿体ないじゃないですか。風俗で楽しむなら結局は自分のメンタル面だってある程度は影響していることなので、自分なりにしっかりと余裕を確保することもまた、風俗を楽しむための秘訣と言っても決して過言ではないことなんじゃないかなって思うようになりましたね。むしろそれが自分自身、何よりも優先していることでもあるんですよ(笑)

対応力が凄かった風俗嬢です

彼女は対応力というか、きっと自分のテクニックに自信を持っているからこそ、臨機応変にいろいろなことが出来る風俗嬢なんだろうなって。「どんな展開でも大丈夫」って思っていたら、いつでも堂々としていられると思うんですよね。彼女はまさにそんなタイプの風俗嬢でした。なぜなら、一発目は割と甘い雰囲気で楽しんでいたんですけど、二発目は彼女のサディスティックな部分が強かったんです。彼女なりに、二発目は男はイキにくいし残り時間との兼ね合いもあったんでしょうね。だからあそこまでアグレッシブになったのかなって。だから同じ風俗嬢だったのに、違うタイプの女の子と楽しめたかのような気持ちになれたので、儲けたなって思いました(笑)本当だったら二人と楽しむなら料金だって倍かかるんです。でも彼女は一人分の料金で、個性の違う二種類の風俗嬢と楽しめたので、彼女には感謝の気持ちと共に、次もまたリピートして楽しみたいなって思いましたね。